snöflinga 未来日記

現在と一寸先を望むままに描きます。

お金と心豊かな世界

f:id:snoflinga:20150616163857j:plain

 

【もし突然お金が消えたら】

あるときこんなことを思いました。

(以下現実的には矛盾が多いかもしれません。)

「今日から今存在しているお金が無効です。各自で自由な方法で手に入れなさい。」

となった場合、私は日常で必要な物をどうやって入手できるのでしょうか。

そもそもこんな時に必要な物が、いつも立ち寄るお店に無いかもしれません。

仮に運良く自分に必要な物が身近な場所で取引されていたとしても、売り手に「いかにこの商品が私にとって必要か」と訴えただけでは譲ってくれないでしょう。

売り手側が満足するものと物々交換できるかもしれませんが、どこで満足するかは人により度合いが異なるため、裁量の幅が広くなるのではないでしょうか。

 買い手側もどこまで蓄えたら満足するかも様々だと思います。

物を確保しておかなければという不安のようなものが取り払われない限り、お金だけが消滅しても交通整理のような役割が消えただけになってしまうかもしれません。

 

【今ある現実と心豊かな世界】 

もし世の中の多くの人が満たされた心でお互いに助け合い、分け合うことができたなら、このような場面でもうまくいくかもしれません。

私自身を顧みると、それは素敵だなと思う一方で必要な物を確保したいと駆り立てられる心も同時に存在しています。

 

これらをうまく折り合いはつけることはできるでしょうか。

今ある現実と心豊かな世界を結びつけられるでしょうか。

私なりにできることから実践したいと思います。

 

【お金を勇者に】

方法や例えこそ違うものの、きっと既に多くの方が実践しているかもしれません。 

まずお金をいろいろな役割を果たしてくれる小さな勇者に見立てます。

そしてお金のネガティブな感じがすうっと消えていくイメージ描きます。

「勇者」が衣食住を守り、何らかの形で+αを生み出すことができたら、その+αが波となって自分と取り巻く世界に幸せをもたらすエネルギーに同調していくイメージを想像します。

+αが向かう豊かさへの方向を意識することからはじめ、できることから少しでも行動に移していくうちに、世界が変わっているかもしれません。